• CONCEPT
  • TECHNOLOGY
  • BRAND HISTORY
  • PRODUCTS
  • BEAUTY TIPS
  • BSHOP LIST
コラム
美髪を育む地肌ケア

美髪を育む土壌作り

ストレスや食生活の変化、エアコンによる乾燥や紫外線などにより、
女性にも増加する薄毛や地肌に関する悩み。
美味しい野菜に健康な土壌が欠かせないのと同様、地肌トラブルは美しい髪を育む
要因を阻むだけでなく、“キレイ”を損なう原因に。栄養をしっかり送り届けることのできる土壌に必要なのは、ハリ、保湿、老廃物の滞らない健全なターンオーバー。そのためにまず、
毎日のシャンプーを見直すことが先決です。

頭皮のトラブルは、毛穴の皮脂づまり、ベタつき、乾燥・かゆみ、
赤みなど実に様々。顔の皮膚の下には表情筋が存在する一方、
頭頂部には帽状腱膜というスジが存在するのみで、自ら動くことが不可能。そのため頭皮は血行不良に陥りやすく、マッサージにより血行を促すことが大事になります。そこで、カチカチに凝った頭皮をほぐし、滞りがちな老廃物の排出、栄養の運搬を促進させるよう心がけて。
そうすることで、毛根下部の毛球部と呼ばれる細胞分裂を行う部位に栄養が届きやすくなり、美髪を育むカギとなります。

美しい髪のために、地肌ケアのポイントは3点
  • 1.正しいクレンジング
  • 2. マッサージによる血行促進
  • 3. “保湿”による頭皮のハリをキープ

毎日シャンプーを行っていても、キレイに落としきれないのが頭皮の皮脂。
また、洗浄力の高いシャンプーを使うと皮脂を落としすぎて地肌が乾燥し、皮脂が大量に分泌される、という悪循環にも気をつけましょう。髪だけでなく地肌ごと優しく洗い上げるスカルプケアシャンプーで、皮脂を正常な状態に整えて地肌トラブルを防ぎ、マッサージによる血行促進と、保湿をしながら、美髪を育む土壌作りを始めてください。

頭皮が皮脂づまりを起こしやすい理由

人の平均的な毛髪量は10万本。
1つの毛穴から2〜3本の髪が生えているため、頭皮には5万個の毛穴が存在する計算となり、
その結果皮脂の分泌も過多に。実際、皮脂の60%は頭皮から分泌されていると言われています。
顔の皮膚同様、正しいクレンジングを心がけてください。

頭皮をもみほぐしながら前後にマッサージしていきます。

シャンプー後のお手入れ

栄養の行き届いたフカフカの土壌には、元気な植物が育つように・・
土壌=「地肌」は柔らかくてうるおいのある状態であることがとても重要。
そのために、まず、毎日のシャンプーを見直すことをおすすめしてきました。

それでは、シャンプーを見直したらそれでおしまい、で良いのでしょうか?

顔はクレンジングや洗顔後、化粧水やクリームなどでお手入れをします。
でも、地肌はシャンプーやトリートメントで余分な皮脂や汚れを洗い流して終了、という方がほとんど。
地肌は顔と一枚でつながった皮膚。
フェイスケア同様に、シャンプーの後は、地肌にもうるおいを与えてお手入れをしてあげましょう。

ここで、復習。

美しい髪のために、地肌ケアのポイントは3点
  • 1.正しいクレンジング スカルプシャンプーとトリートメントで、髪だけでなく毛穴の皮脂や汚れをやさしく洗いあげましょう。
  • 2. マッサージによる血行促進 凝り固まった地肌をほぐして、美髪を育む「柔肌」へ。
  • 3. “保湿”による頭皮のハリをキープ 地肌用のローションなどでうるおいを補給して地肌環境を整えましょう。